ニュース

武田 隆寛 | 現在アルカシューキッチンで勤務

靴づくりの学校を探している際、欧米では靴づくりにごく普通に保険が適用される医学的に確立されたものだと知りました。また、オートペディシューマッハーマイスターという技術者の存在を知り、フロイデを見つけました。自分の足に合った靴を履けるということは、靴のトラブルにより行動に支障を来すことがなくなり、不安もなく生涯を過ごすことができるそんな技術に魅力と必要性を感じ、入学を決めました。

現在は、客様の足と靴を実際に拝見し、靴を足に合わせ履き心地を高める調整とコンフォートシューズなどの修理を行っています。新品のものと違い、履かれた靴は1足1足異なるため、日々何十足という靴を見て、種類、バランスや特徴の違いを見極めながら、最善の状態にしてお渡しすることに喜びを感じております。

今後の目標は、日本人の靴の履き方の特徴や問題点をマイスターとともにオートペディの視点から見いだし、日本人の足に合うオートペディシュー技術確立を目指し日々学び、挑戦していきます。